Diet本舗トップページ
 海外駐在員の方々もご利用いただけるようになりました。 詳細は・・・海外支援センター

〜〜〜〜 すでにお気づきかと思いますが、6,300円以上のご購入(税込価格)で送料・代引手数料が無料となりました。お届け時間もさらに細かくご指定いただけるようになりました。まもなくプレゼントイベントがあります。ご期待下さい。  〜〜〜〜
電話注文
03-5747-4193
カート内を見る FAX注文書の
印刷
お買い物方法 特定商取引法に
基づく表示
大江戸玲子のダイエット講座
CONTENTS
共役リノール酸(異性化リノール酸)
                    
とダイエット

共役リノール酸が体脂肪を減少させる3つの理由


脂肪を貯えにくく、放出する
@脂肪を貯えにくい体をつくる
 脂肪細胞には、脂肪を利用するための機能を持 つ「褐色脂肪細胞」と脂肪を貯めこむだけの「白色脂肪細胞」があります。 白色脂肪細胞は、脂肪が近くを通過する時に脂肪たんばくリパーゼ(LPL)という酵素を放出し、脂肪を脂肪酸とグリセリンに分解して取り込み、再び脂肪として貯蔵します。共役リノール酸には、このLPLの放出量を減少させる働きがあります。つまり、共役リノール酸は、脂肪が貯めこまれるのをじゃまする働きがあります。

A蓄積された脂肪を分解して出す
 人は運動をすると、アドレナリン、ノルアドレナリンなどのホルモンが放出され、白色脂肪細胞内のホルモン感受性リパーゼ (HSL)という酵素の放出を促進します。共役リノール酸にもHSLの放出を増加させる働きがあります。つまり、運動をするのと同じ効果があるのです。
 この酵素の働きにより白色脂肪細胞中の脂肪が分解され、細胞の外に出やすくなります。つまり共役リノール酸は、脂肪をエネルギーとして利用できる状態にする働きがあります。

B脂肪の燃焼を助ける
 白色脂肪細胞から放出された脂肪は筋肉や褐色脂肪細胞のミトコンドリアで燃焼されます。ところがミトコンドリアに脂肪単独では取り込むことができません。
 そこで登場するのがカルニチンです。脂肪と合体することでミトコンドリア内への取り込みが可能になります。その合体に必要な酵素、カルニチン・パルミトイルトランスフェラーゼ(CPT)を放出させる働きを持つものが共役リノール酸です。つまり、共役リノール酸によって、脂肪の燃焼が促進されるというわけです。

 この共役リノール酸と同様に働くことが分かっているものにラズベリーケトンがあります。ちなみにこのラズベリーケトンは膵リパーゼも阻害するので、脂質を腸から吸収しにくくなる(急激な吸収を抑える)といった働きもあります。

エアロバイクからサプリメントまで
あなたのダイエットをトータルにサポート
190キロカロリー
ダイエット栄養食
1日1〜2食をリリファースに
変えるだけ。
難しかった摂取カロリーを
抑えることができます。
・・・>詳細
EMSダイエット
ツインビートU
@筋肉を減らすことなく体脂肪を減らせる・・・基礎代謝は維持される Aお腹・ふともも・二の腕などの特定の箇所の脂肪を取って寸法を減らす・・・部分ヤセが可能に・・・>詳細